1_萌萌虫雑記帳.png

オオトビサシガメ

2017/10/31


 本項は当初オオヘリサシガメとして記述しておりましたが、kawamura様よりご指摘いただき、オオトビサシガメであることが判明いたしましたので、訂正いたしました。申し訳ございません。
 しかし日本にもこんなに大きなサシガメがいるんですね。びっくりです。今度見つけたら捕獲して飼育しよう。って今年はもうシーズンオフですけど。kawamura様ありがとうございました。
 なお、以下の文章は、オオヘリカメムシとして記述したものです。

2017/10/31


 今年はほんとカメムシの当たり年です。やたらカメムシが目立ちます。大群を成して人々を驚かせたアオカメムシもさりながら、クサギカメムシが頻繁に飛来し、干してある洗濯物に付着しますし、これまであまり見かけなかったキマダラカメムシもよく目にします。
 そして、筆者にとって初遭遇となるのがこれ。この巨大なカメムシは、日本最大種ではないでしょうか。巨大と言っても体長25mmていどですけど、カメムシとしてはひじょうに大きいです。水生カメムシの仲間ほどではありませんが。

1

 いつものように家路に向かってポコポコ歩いていますと、突然そいつが目の前に飛び出し、歩道橋の欄干に止まりました。うわっ、でかっ。そう叫びました、心の中で。

2

 ただし、これはオオヘリカメムシではない可能性が高いです。ネットで検索しますと、オオヘリカメムシとして記載される写真では、前胸外縁がもっとせり出しているものがほとんどで、頭部がこれほど長くはありません。かといって該当するカメムシがほかに見当たりません。なにしろこの大きさですから、ネット上に記載がないというのは考えにくいと思うんですよね。なんだか不思議です。
 カメムシに詳しい方、真相を教えてください。

コメント
オオトビサシガメ、とやらに似てないでしょうか?私は詳しくないので検索しただけですが…。
  • kawamura
  • 2017/10/31 9:48 AM
kawamura様。
サシガメとは気づきませんでした。こんなに大きなサシガメが存在するんですね。
言われてみれば、頭部がサシガメっぽいです。さっそく訂正いたします。
ありがとうございました。
  • 筆者
  • 2017/11/01 12:33 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内

cover4.jpg
学術エッセイ
人類汎幼進化計画


cover.jpg
小説
三角界の迷子たち


cover3.jpg
小説
少女たちと星の序章


cover2.jpg
エッセイ
単純世界の真面目症候群
Simple System and Serious Syndrome

cover.jpg
小説
あかねだいばくはつ

★講読には電子書籍リーダー Kindle が必要です。



sijn.jpg








recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM