1_萌萌虫雑記帳.png

クサカゲロウ3

2017/11/04


 子供の頃、野っ原を駆け回っていると、テントウムシやハムシたちと並んでよく見かける小さな虫でした。柔らかくて弱々しいけれど、鮮やかな緑色が美しくて、けっこう好きな虫でした。

1

 うちの玄関に飛来した成虫です。うちの周りにもいるんですね。この虫はこう見えても肉食で、アブラムシやカイガラムシをバリバリ食べます。成虫はどうだか判りませんが。そう言えば、この虫の成体についてほとんど知らないなぁ。年に何回発生するとか、どの形態で越冬するとか。

2

 長い糸の先に卵をくっつける、ウドンゲと呼ばれる独特の産卵様式を持っています。これがまた神秘的で美しいんですよね。アブラムシを調達する術のある人は、ウドンゲを見つけたら持ち帰って飼いましょう。小さな容器で手軽に飼えます。ただし、孵化した幼虫は大食漢なので、アブラムシをいつでも調達できなければなりません。

3

 知らないと言えば、近縁種がけっこうたくさんいるみたいです。日本国内だけでも40種類ばかりのクサカゲロウ亜科に属する種がいるそうな。小さな虫の種の同定や分類のことを考えると憂鬱になりますね。そして小さな虫ほど多種だったりします。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM