タイトル.jpg

ツマジロエダシャク

2017/11/18


 古く硬くなったクワの葉に、ユニークな形をした蛾が止まっていました。前翅の前端が左右一直線になるまで翅を拡げると、前後翅の間が離れて、翅に切り込みがあるような感じに見えます。この我はたいていこのスタイルで静止するようです。

1

 クワの葉上で見つけましたが、この我の幼虫の食草はクスノキです。クワの木にいたのはたまたまでしょう。

2

 成虫の見られる時期は4月頃から11月にかけてと長く、今頃いても不思議はないのですが、ここ数日一気に冷え込みがきましたから、さすがに凍えてしまったようです。ちょっかいを出しても動きません。

3

 手のひらに乗せてみても、弱々しく肢を動かすていどです。おかげで腹面も観察することができました。尾端にゆくほど細くなる、漫画に出てくる幽霊みたいな形をしている、そう思いました。
 この蛾はこのまま死んでしまうのでしょうか。それとも成虫で冬を越すことができるのでしょうか。越冬形態はおそらく蛹だと思うのですが。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM