1_萌萌虫雑記帳.png

ミツバチ2

2017/12/09


 11月の終わり、寒いなか1頭のミツバチが働いていました。10月末の例年より早い冷え込みで、多くの虫たちは越冬モードに移行してしまったかとも思ったのですが、そうでもないようです。

1

 地面に落ちたチェリーセイジの花からせっせと級蜜しています。わずかですが木にまだ花が残っているのに、そちらには目を向けず、ひたすら地表をあさっています。

2

 落ちた花の蜜の方が匂いが強くなっているのでしょうか、発酵が進んで美味しくなっているのでしょうか。発酵が進んでいるとしたら、酔っぱらうかもしれませんよ。
 もう12月ですが、さすがにミツバチは飛びませんが、ジョロウグモ、コカマキリ、テントウムシなどが寒空の下を歩き回っているのを見かけます。ジョロウグモはいまだに巣を張り替えていますが、もう飛んでくる虫もいないだろうに。元気ですね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内

cover4.jpg
学術エッセイ
人類汎幼進化計画


cover.jpg
小説
三角界の迷子たち


cover3.jpg
小説
少女たちと星の序章


cover2.jpg
エッセイ
単純世界の真面目症候群
Simple System and Serious Syndrome

cover.jpg
小説
あかねだいばくはつ

★講読には電子書籍リーダー Kindle が必要です。



sijn.jpg








recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM