1_萌萌虫雑記帳.png

ウマビル5

2017/12/12


 水棲動物たちにとって冬の到来は陸地よりも遅いようで、12月になっても彼らは秋以前の変わらないように見えます。うちのウマビルたちも元気にしていますよ。

1

 そもそも彼らは冬眠したりするのでしょうか。部屋の金魚鉢で飼っている巻貝やエビたちは冬場も変わりなく活動していますが、筆者が泊まり勤務で不在の折りには、室内と言えどもかなり水温が下がります。

2

 気温の低下は、我々内温動物にとっては顕著に伝わってきますが、外温動物は気温と体温が同じなので感じ方はそれほどキツいものではないのでしょう。それでも陸生の爬虫類の多くは15℃以下になると代謝がかなり低下し、動きもにぶくなりますし、熱帯地方の種では命の危険にさらされます。でも、もともと代謝の低い小さな生き物にとっては冬の気温の低下で生活に支障が出る度合いはそれほど大きくないのかもしれませんね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM