1_萌萌虫雑記帳.png

デザートヘアリースコーピオン4

2017/12/21


 サソリの飼育レイアウトについて聞いたり調べたりすると、砂を厚く敷き、浅い水皿とシェルターを用意するというのが一般的ですが、サソリによってはそれらを利用するとは限りません。そうしたサソリは意外と多いようです。うちで飼っているデザートヘアリーも雌雄ともシェルターには入らないわ、水皿はすぐに砂(うちでは昆虫マット)で埋めてしまうわで、ほとんど無駄になっています。

1

 オスのケージです。写真は水皿を洗って水を足したところですが、平素は水皿はマットで完全に埋め尽くされています。

2

 マットに作られた巣穴。シュエルターよりも自作の巣穴がお気に入りです。

3

 水皿の下に作られた巣穴。ケージの壁面に沿ったところや水皿の下が、巣穴に場所に選ばれます。

4

 巣穴はたいてい出口と入口で貫通しており、袋小路になることはまずありません。

5

 普段は地中にいて姿が見えませんが、マット全体に水をかけてやると飛び出してきます。そうしたらサソリの体に水をかけてやります。それで水分が摂れると思うのですが。

6

 砂漠性の生き物は、水溜りの水を飲むよりも、体についた夜露を飲んだりするので、水皿は無駄なのかもしれません。

7

 巣穴にいるメスです。ショップでは持ち場らの可能性が高いとのことでしたが、なかなか子産に至りません。そもそもデザートヘアリーは飼育下での繁殖が困難だと古くから言われていました。

8

 この巣は珍しく袋小路になっています。

9

 巣の天井部分をそっとはがしてみました。ずいぶん窮屈そうな巣穴ですが、これが落ち着くみたいですね。

10

 巣穴から追い立てられた不機嫌なメス。とりあえず水をかけてやりましょ。

11

 ケージの壁面についたしずくを飲んでいるところ。サソリの水飲みを見ることはあまりありません。

12

 後姿です。このメスが持ち場らでなかったら、ペアリングを試みるのも良いかもですが、持ち場らの可能性がないわけでもないので、まだ当分の間は雌雄個別に飼うことにします。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM