トーゴウデムシ2

2017/12/30


 飼育開始から2カ月。お変わりなく地味に生きています。うわさに聞くほどの獰猛さもなく、流木の陰に足をたたんで潜んでいます。餌として入れてやっているレッドローチやコオロギは、食べられずに長い間同居状態になっていたりします。

1

 いつ見ても難義な形をしていますね。ヒヨケムシ、サソリモドキと共に世界3大奇虫と称されていますが、こいつが一番変テコですよね。

2

 顔つきもSF映画のクリーチャーとして使えそうです。

3

 正面。ハサミが4つあるように見えますが、可動部は1ヶ所で、1つのハサミが枝分かれして4つの歯があるように見えるだけです。これで上手く獲物をホールドできるのでしょうか。そこそこの大きさのある虫しか捕らえられないようにも見えます。

4

 無駄に長い歩脚と前肢を持っていますが、動きはけっこう素早く、木登りも上手なところが不思議です。

5

 野生では主にどんな虫を食しているのでしょう。ショップはコオロギが良いと言いますが、あの俊敏な虫を上手く捕まえることができるのでしょうか。ダンゴムシやワラジムシの方が良さそうな気もしますが、ダンゴムシにしたところで、このハサミでは捕まえにくそうです。困った奴です。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

まず最初に選んでください↓  
 




 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内

cover4.jpg
学術エッセイ
人類汎幼進化計画


cover3.jpg
小説
少女たちと星の序章


cover2.jpg
エッセイ
単純世界の真面目症候群
Simple System and Serious Syndrome

cover.jpg
小説
あかねだいばくはつ

★講読には電子書籍リーダー Kindle が必要です。

sijn.jpg








recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM