1_萌萌虫雑記帳.png

アオジタトカゲ仔産6

2018/01/01


 うちで生まれた子供たちも、年を越しました。まだ体は小さいけれどもう1人前ですね。大型のトカゲなので、子供でも日本にいるトカゲなんかと比べると大きいです。

1

 最初に生まれた個体は、他よりかなり貫録があります。ただ、冬場になってから妙に神経質で、人を見ると逃げ回ったり、威嚇の噴気音を立てたりするようになってしまいました。

2

 末っ子は相変わらず人に慣れません。最初の頃よりはいくらかマシになってきましたが。

3

 こうして人の手の中でも威嚇し続けるのか、この子だけです。あとの個体はつかんでしまえばおとなしくなります。

4

 アオジタトカゲの尾は再生しないようですね。それどころかさらに短くなったような気がします。

5

 うちで一番よく馴れてきたのが真ん中の子。水浴していますね。あまり見かけない光景です。

6

 大型のスキンク類は、カルシウム不足によるクル病が心配ですが、現在のところみんなその心配はなさそうです。とくにカルシウム剤は与えていませんが、ドッグフードの栄養価は期待できそうです。うちでは大型のトカゲたちにはリザードフードよりもドッグフードを用いるようにしています。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM