1_萌萌虫雑記帳.png

馴化4

2018/01/03


 飼育中のメスは、2013年の夏にうちに来てから、早いものでもう4年4ヶ月以上が経過しました。鳥はヒナの頃から育てないと手乗りにはならないようですが、爬虫類では成体から飼い始めても人によく馴れるようになるものがけっこういます。このメスも最近は給餌の時には寄ってくるていどになりました。

1

 フタを開けたとたんにケージから飛び出してきて、餌マウスに食いつきました。水入れを洗ってやる間は、ケージの外で食事しています。

2

 いつでも安心してハンドリングできるまでには至っていませんが、マウスを食べている時はチャンスです。口がふさがっていますから。とくに嫌がる様子もないので、給餌以外の時でもハンドリングできるようになりそうですが、筆者にその努力をする根気がありません。
 体長では筆者の身長を上回っています。頭部がコーンスネーク等と比べるとかなり大きいので、餌を飲み込む速度もひじょうに速く、採餌中は噛まれる心配がないなんてうかうかしてられません。
 肌の感触はザラザラした感じで、他のナメラ属や多くのナミヘビのようななめらかさがありません。幼蛇はなめらかなのですが。これはアオダイショウの特徴のひとつですね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM