1_萌萌虫雑記帳.png

ヒメアカタテハ

2014/01/07


 毛虫というとヒトリガやドクガの幼虫を思い浮かべますが、本種の幼虫もかなり毛虫です。蝶類の知識があまりない人には、こいつは蛾の幼虫に見えるでしょう。図鑑やネットで念入りに調べて、その毛虫が蝶なのか蛾なのか同定しましょうね。もっとも筆者にとっては蝶だから魅力的で蛾は汚いなんていう認識はありませんが。



 上の写真は、終令幼虫です。立派な毛虫ですね。下の写真は初令です。毛虫というよりトゲ虫といった感じです。



 ヒメアカタテハの食草はかなり幅が広く、多くのキク科植物の葉を食べるそうです。とくにヨモギやゴボウが好物とか。ヨモギが食草というのはありがたいですね、どこにでもホイホイ生えている雑草なので調達しやすいですから。



 上の写真のように採ってきたヨモギをペットボトル等を利用して水に浸けておけば日持ちしますから便利です。葉の上に幼虫を乗っけておけば、逃げてどこかへ行ってしまうことも少ないでしょう。心配な方は閉鎖的な容器を用意しましょう。ただ、通気性を充分にしないと幼虫が排出する大量の糞から発生した臭いやガスが充満し、それが幼虫に良からぬ影響を及ぼすことがあるようです。


 ↑ 幼虫にヨモギと共にキュウリとナスを与えたところ、ヨモギを完食したあとに野菜をバリバリ食べていた。

 食性が幅広いことから、試みにキュウリやナスを与えてみたところ、大変よく食べました。葉食い虫でもコガネムシなんかは、キュウリやナスをよく食べます。この試みは、カンタンという虫の飼育ケースにまぎれ込んでいた蛾の幼虫が、カンタンに与えたキュウリを横取りしているのを見て思いついたものです。本種が野菜だけで育てられるかどうかは確認してませんが、バリバリ食べるのだからいける気がします。


 ↑ 前蛹。比較的固く安定した場所を選んで体を固定する。

 ヒメアカタテハは、逆さ吊りの蛹になります。ヨモギの柔らかい足場よりもそこから離れた安定した場所での蛹化を好むようです。ですから蛹化が近づいた幼虫の場合は、上のような開放的な飼育環境では、幼虫に逃げられる可能性が増します。



 前蛹の期間は1〜2日ほどです。丸くなってじっとしていた幼虫が、伸びて垂れ下がり、脱皮が始まります。蛹化の瞬間を観察したいのですが、いつも見逃してしまいます。



 タテハチョウの蛹は綺麗です。本種のそれもところどころ金色に光っています。チョウの蛹は甲虫のそれとちがって裸蛹ではなく被蛹なので、成虫の体の構造が如実に判るほどではありませんが、よく見ると翅や6肢が判ります。



 上の写真の左側は、蛹の背面で、並んでいる突起が金色に輝いています。右側の腹面では6肢の様子を伺い見ることができます。



 蛹は、9〜10日ほどで羽化に至ります。羽化直前になると、蛹の中に翅の模様が明瞭になるので、夜に見張っておきましょう。筆者の経験では多くの蝶類が夜明け前に羽化しますから、午前3時頃に起き出して観察を開始すると、羽化の瞬間に立ち会えるのではないでしょうか。

















 チョウの成虫は飼育が難しいと思われがちですが、そうでもありません。本種のように花に集まるチョウの場合には、給餌にちょっとしたコツがありまして、すなわち彼らが花を視認することを利用します。昆虫ゼリーや砂糖水を含ませたスポンジの上に、ピンクや黄色の色紙を花の形に切って乗せておくと、そこにチョウが止まってストロー状の口器で蜜を探り始めます。
 本種の通年の生態はかなり不規則のようです。越冬形態も幼虫であったり成虫であったり。そんな乱暴なやり方では死亡率も高いでしょうが、数打ち方式で子孫をつないでいるようです。秋口には羽化が増えるとも聞いたことがあります。
 蝶類の幼虫の飼育は、短期間で変態の様子を観察できてなかなか楽しいです。食草の調達が難しい虫はたいへんですが、本種や平地にも多いシロチョウやアゲハチョウの仲間は容易に飼えますので、楽しんでください。ただ、成虫を掛け合わせて繁殖させるとなると、広いケージと手間が要ります。

コメント
ヒメアカタテハ、、家の方にはあまりいません。
ちなみに僕は去年、キタテハを飼育しました。
タテハ類って、幼虫も飼育しやすく、見た目も結構派手で変態も観察しやすいと思うし、成虫も丈夫で飼いやすいと思うので、もっと実験とか学校教育で取り上げても良いと思います。(アメリカでは既に教材になっているそうです。)
  • ハトゥーザ
  • 2014/01/20 11:04 PM
ハトゥーザ様。
おっしゃる通りですね。チョウのような昆虫は世間一般的な虫に対する偏見も少ないですし、学校教材に最適ですよ。
日本には古来よりスズムシとか、種々の虫を飼う習慣があるのに、学校教育に虫の飼育が導入されないのはとても残念ですね。
アメリカの方がもっと虫嫌いだと聞いたことがあるのですが、そのアメリカでさえチョウが教材になっているなんて……。
昆虫先進国はマニアの間だけでのことなんですかね。

筆者はキタテハは育てたことないです。うちの近くで姿を見ることもほとんどありません。この辺りに食草となる植物がないんでしょうか。
  • 筆者
  • 2014/01/22 11:28 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM