1_萌萌虫雑記帳.png

テキサスジャイアントビネガロン2

2018/02/24


 飼育を開始して5ヶ月が経過しました。最初の4ヶ月はココナツ製のシェルターを隠れ家にしていたのですが、1ヶ月前くらいから自力で巣穴を掘るようになりました。以前飼っていたタイワンサソリモドキは巣穴を作ることはありませんでしたから、本種もそうだと思っていたのですが、ちがっていました。

1

 巣穴は一見するとデザートヘアリーやデューンスコーピオンといったサソリたちと同じような感じです。

2

 巣穴めがけて水をかけてやると、サソリと同じように穴から出てきました。

3

 その後、巣穴はどんどん増え、マットのいたるところに穴が開きました。

4

 浅く掘られたこの穴は、ココナツシェルターの内部につながっています。

5

 同じ方向を向いた別々の穴。サソリのそれのように出入り口があるのか、袋小路になっているのかは不明です。

6

 昆虫マットは加水と乾燥を繰り返すうちに固まって、巣穴を維持するのに丁度よいようです。

7

 ケージの壁麺に沿って掘られたものの放棄された穴。サソリとちがってケージの壁面に沿って巣穴を作ることは少ないようです。これはこの個体だけのクセかもしれませんが。

8

 一見すると不器用そうに見えるのですが、なかなかのトンネル堀り名人ですよ。

9

 触肢として機能していると思われる長い第2肢も、トンネル生活の邪魔にはならないようですね。同様に尾端の長い長い管も邪魔ではないようです。飼育環境に慣れてしまったサソリモドキは、尾端の管から酸を噴射して攻撃してくることもありません。

コメント
いつも楽しく拝見しています。毒虫に興味がありまして投稿します。本個体はご存命でしょうか?
  • 関西人
  • 2019/06/05 9:07 PM
関西人様。
閲覧いただきありがとうございます。
今年に入ってから思うところあって飼育動物の整理をいたしまして、その時に手放してしまいました。現在手元にいる毒虫はデザートヘアリースコーピオンだけです。
ご期待に添えず申し訳ないです。
  • 筆者
  • 2019/06/05 11:11 PM
関西人様。
閲覧いただきありがとうございます。
今年に入ってから思うところあって飼育動物の整理をいたしまして、その時に手放してしまいました。現在手元にいる毒虫はデザートヘアリースコーピオンだけです。
ご期待に添えず申し訳ないです。
  • 筆者
  • 2019/06/07 3:02 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




つTw.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM