1_萌萌虫雑記帳.png

ミルキーフロッグ3

2018/05/05


 前回、オタマジャクシたちに小さな後足が生えてきたことを記述しましたが、その後あれよという間に成長し、前足も生えました。体はそれほど大きくならないのに変態は早いですね。

1

 変態の進行はまちまちで、同じ卵塊から孵化したオタマたちとは思えないほどです。

2

 この子はまだ立派な尾を生やしたままで、体も黒っぽいです。

3

 この子は体の色が明るきなり、口吻がとがってカエルらしくなってきています。尾も少し短くなっています。

4

 正面図。左はかなりカエルらしい顔つきですが、右はまだオタマのおもかげが多分に残っています。

5

 体がカエルらしくなってきた子たちは、ケージの壁面にくっついて水面上に出ることができます。左の個体は尾がほとんど消失しており、右はまだ大きな尾を残していますが、尾の消失よりも先にカエルらしい体つきになるようですね。呼吸も肺呼吸になっているようで、水から上がっていることが多いです。

6

 この子は時おり水上に顔を出すていど。まだまだ水中を泳ぎ回る方が得意です。口器もオタマっぽいです。

7

 尾がもっとも身近い子は、ほぼカエルです。ケージの上まで登って来ました。でも体はとても小さいままです。本種は1ヶ月以内でオタマ生活を終え、カエルになってから成長するようです。まぁ、多くのカエルがそうなんですが。

8

 正面腹側から見ると、口器がまだ小さく、虫を捕食したりするのには向いていないようにも見えます。採餌するようになるまで、もう何日かかかるかもです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM