1_萌萌虫雑記帳.png

ヌマエビ交雑種

2018/05/29


 4月29日、カラフルなヌマエビを入手しました。ネットオークションで手に入れたものですが、商品名はMIXシュリンプとなっており、数種類のヌマエビの交配を繰り返して作出したものと解説されてありました。

1

 自然界のヌマエビ然として黒っぽいものや白っぽいものに加えて、赤みのあるもの、青みのあるもの、黄色っぽいものなど様々です。

2

 日本のミナミヌマエビやヌカエビと同じような小さなエビたちですが、個体ごとに色合いが変わっています。

3

 青から紺の小さな斑点のあるものと、白っぽいもの。白っぽいものは透明というより、白い斑点がたくさんあってやや乳白色になっているように見えます。

4

 赤みのある個体。よく目立ちます。これも赤い斑点がたくさんあって全体的に赤くなっているようですね。

5

 黒っぽい個体。自然に生息するエビと同様の色合いです。

6

 水揚げしたところ。個体ごとの色の違いが目立たなくなります。

7

 こうして見ると日本の川エビと変わりませんが、国産種のみの交雑ではいろんな色はでないでしょう。

8

 観賞魚の業界では、ビーシュリンプのうようにエビも人気が高く、たくさんの川エビが輸入されていますから、そうしたエビたちを交配させたものでしょうね。赤い個体は卵を抱えていますね。

9

 金魚鉢に放してみた。インドヒラマキガイ、サカマキガイ、日本のヌマエビ類といった先住者がすでにいます。仲よくしてください。

10

 エビは水質の悪化や水温の上昇にひじょうに弱いと言われていますが、それほど神経質にならなくてもよいと思います。
 金魚鉢とは別に、温室で温度管理した場所にフィルターとエアレーションを施した水槽を用意し、こちらにも入れておきましょう。繁殖を目指すのであれば、水質と水温管理は重要です。

11

 水中撮影は、なかなか上手くゆきません。卵を抱えたエビが見えます。小エビが孵化しても、しっかり管理してゆかないと繁殖は期待できません。筆者にはそのお手本を示す能力はありませんので、繁殖を目指したい方は他の優れた飼育者の記録を参照してください。ふがいないことで申し訳ないです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM