1_萌萌虫雑記帳.png

ヒメアシナガコガネ

2018/06/09


 体長1cm以内の小さなコガネムシです。全国的に分布しているようですが、なかなかいそうでいません。いるところには群生しているのでしょうが。1cm級のものはなかなかいなくて、7mmていどのものが多いようです。

1

 小さいけれどたいへん美しいコガネムシです。模様は黄毛が脱落することで生じるとのことですが、羽化直後では全面黄毛で被われる、ということはなさそうです。

2

 暮らしてゆくうちに背面の黄毛がどんどん減ってゆくさまは、コフキコガネ等と同じで、本種もコフキコガネ亜科と分類されている記述をよく目にしますが、アシナガコガネ亜科との記述もなり、筆者は後者を推しています。

3

 頭胸前翅の各背面が黒毛で被われる個体もいます。その数は多くありません。黒化個体も腹部背面や各節の腹面は明るい黄色です。

4

 黄毛の部分が暗色の個体。このほか赤みを帯びるものもあるそうです。見たことないですが。

5

 他の小型のコガネムシのように活発に動き回ったり飛び回ったりすることが多くなく、管理が楽でたすかります。

6

 正面図。前肢を上げて中後肢で立つのは、なんのポーズでしょう。

7

 広葉樹の葉を食するとの情報もありますが、おそらく花蜜食いでしょう。飼育下では昆虫ゼリーを与えましょう。幼虫は根食いです。

8

 テントウムシサイズの虫なので、15cmプラケースていどの容器があればたくさん飼えます。長生きするといいですね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内

cover4.jpg
学術エッセイ
人類汎幼進化計画


cover.jpg
小説
三角界の迷子たち


cover3.jpg
小説
少女たちと星の序章


cover2.jpg
エッセイ
単純世界の真面目症候群
Simple System and Serious Syndrome

cover.jpg
小説
あかねだいばくはつ

★講読には電子書籍リーダー Kindle が必要です。



sijn.jpg








recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM