1_萌萌虫雑記帳.png

ミイデラゴミムシ

2018/06/10


 漢字で三井寺歩行虫と書く本種は、三井寺というお寺と何か関係があるのでしょうか。調べてみますと、滋賀の三井寺の鳥羽絵の放屁合戦がその由来だそうです。放屁と言えば三井寺、放屁で有名な虫なので三井寺歩行虫というわけですね。

1

 多くの記述で、本種が自衛のためにガスを噴出することがメインに書かれていますが、美しい模様にも注目してほしいです。ひじょうにきれいなゴミムシです。

2

 危険を感じると尾端からガスを噴射しますが、一瞬であるもののよく視認できます。ガスはたいへんな高温で、直近で浴びると火傷するほどだとか。ガス量が少ないのでダメージになるほどではありませんが、捕食者を撃退するには充分な武器になりますね。

3

 最近はあまり見かけなくなりましたが、むかしは平地でもよく見つかりました。本種の放屁の脅威を知らなかった子供の頃の筆者は、平気で手づかみしていましたが、放屁は頻発可能な武器でもないようです。

4

 むかしは落としブタ式のゴキブリホイホイというのがあって、その中にハム等を入れて公園の隅にしかけておくと、本種やセアカゴミムシ、アオゴミムシ類がたくさん採れました。
 虫を生きたまま捕獲できる、あの素晴らしいゴキブリホイホイは今はもう存在しません。

5

 肉食性で生き虫から動物の死骸まで食べるようですが、幼虫はケラの卵を専食するとのことです。ケラの減少にともない、本種も少なくなったわけです。幼虫がケラの卵巣に寄生しなければ生きて行けない本種の繁殖力は高くないように思えますが、むかしはあきれるほどたくさん見かけました。それ以上にケラも多かったのでしょうか。筆者の経験では、本種の方がケラより多かった気がしますが、それは地中生活のケラを探しだす能力が筆者は貧弱だったということなのでしょうか。

6

 ということで、成虫の飼育は難しくなさそうですが、飼育下での繁殖にはケラを同居させることが必要になるようですね。しかしケラに産卵させることがなかなか容易ではありません。

7

 飼育下ではレッドローチの卵のうにでも寄生してくれればよいものを。

8

 とにかく懐かしく思い出深い虫なので、しばらく飼ってみることにします。餌は頭をつぶしたレッドローチ、熱帯魚フードなど、飼育環境は湿潤にします。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM