1_萌萌虫雑記帳.png

タゴガエル3

2018/07/01


 先日までオタマだったタゴガエルたちが、あっという間にカエルになりました。早っ。本種の幼生が体内の栄養のみで生育し変態に至るというのは本当のようです。

1

 小さな小さなカエルが、水から上がって水槽の壁面に貼りついています。

2

 変態は一斉に始まりました。同じ卵塊から生まれたのであれば当然ですね。

3

 写真で拡大すると一人前のカエルですが、とにかく小さいです。足の指なんて透き通っています。

4

 カエルたちは、小さなプラケースに水を張り、ウールマット(熱帯魚のフィルター用の綿)で島を作ったシンプルなケージで管理します。

5

 まだ何も食べていないので体は痩せており、後足がひじょうに大きく見えます。なかなかジャンプ力があります。

6

 こんなに小さなカエルに与えることができる餌(虫)はなかなかいません。

7

 この小ささは世界最小クラスでしょう。

8

 まだ尻尾が残っている個体もいます。

9

 市販の跳べないショウジョウバエを入れてやりました。餌食いは良好とは言えませんが、1度捕食を確認したので、この状態で飼えそうですね。
 早く大きくなってレッドローチくらい食べれるようになってもらいたいものです。
 ちなみに同居中だったシュレーゲルアオガエルのオタマたちは、いまだに幼生のままです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ



サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM