1_萌萌虫雑記帳.png

スモークツリー

2018/07/10


 和名はケムリノキ(煙の木)です。ご近所で2軒ほど植えているお宅があります。別称ハグマノキ(白熊の木)ともいうそうです。園芸植物としては多くないウルシ科の木です。原産地は南ヨーロッパとのことです。筆者にとっては初めて見る植物でした。現在は毎日のように見ており何年も経っていますが、最初に見た時にはおもしろい木だと感心したものです。

1

 花です。すぐ上にやや緑がかった塊が見えますが、これがツボミで、ぱっと見は花もツボミも大差ありません。

2

 花もツボミも似たようなものですが、このモフモフ状態はかなり長い間楽しめます。しかし、この植物が本当に面白いのは花の後です。

3

 花が終わると穂に赤みが差し、さらにモフモフになります。この木はうちのおとなりのもので、上記の木よりも1ヶ月くらい早くにこんなふうになっていました。見事なモフモフですね。これがまたけっこう長い間落ちないでいてくれます。

4

 植えられてから10年以上経ち立派に育ちました。今年はとくに花が多く、たいへん見事です。

5

 ズームアップ。何がなんだか判りません。触るとふんわりしています。

6

 やがて穂が落ちると、そこいらはたくさんの綿アメを積み上げたようになります。それはそれでまた見事な景観です。うちの裏庭もモフモフまみれになりました。写真を撮る前に嫁さんが片付けてしまいました。撮らなかったことを嫁さん自身が悔いていました。
 おとなりさんが、迷惑かけたと謝りに来られ、後日業者を呼んでバッサリ切ってしまいました。でも根こそぎ伐採したわけではないそうですから、来年以降もすくすくと育ってくれることを期待しています。
 うちにも植えようかと嫁さんも言っていました。ほんと可愛い木です。うちの庭に植えた場合、モフモフたちは道路へ散乱することになります。子供たちが喜んで持ち帰るでしょう。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM