1_萌萌虫雑記帳.png

アカサシガメ

2018/07/11


 うちのウマノスズクサで、小さな小さな卵を発見しました。先日見つけたキマダラカメムシの卵に続きカメムシのものと思われます。

1

 白いキャップのトマトケチャップのボトル…ではありません。個々の卵は2mmを切るくらいのサイズです。ちさっ。

2

 検索すると、アカサシガメの卵のようですね。この卵の色は成虫の体色とほぼ同じだと思われます。それにしてもケチャップっぽいです。ポリ容器にケチャップ入ってる感ありありですよね。肉眼では小さすぎて白い点のある赤い粒にしか見えませんが。

3

 孵化の観察の準備はこんな感じ。葉は水に入れた容器に刺し、鮮度を維持します。もっともサシガメは肉食なので、葉は餌になりませんが。

4

 小さくても大変よく目立ちます。目立つことによって身の危険はないのでしょうか。

5

 採集した次の日に、もう孵化が始まりました。キマダラカメムシとちがって、孵化した幼虫たちはすぐに卵を離れて行きます。

6

 アリンコみたいです。アリよりさらに小さいですが。

7

 肉眼では黒い点のような幼虫ですが、写真で拡大すると赤みがあります。

8

 人間の指と比較するとこんな感じ。小さいですね。

9

 動きは緩慢で、こんなんで虫を捕食できるのかと心配してしまいますが、野生ではほとんど動かないアブラムシでも採っているのでしょうか。

10

 アササシガメは、うちの周りでは見かけたことがありませんが、いたんですね。あるいはどこからか飛来し、これから増え始めるのでしょうか。
 昆虫は毎年コンスタントに見かけるものもいれば、特定の年にだけ見かける頻度が高まるものもいます。そう言えば2014年にたくさん飛んできたベニカミキリは、以降はまったく見かけなくなりました。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM