1_萌萌虫雑記帳.png

スジブトハシリグモ2

2018/07/13


 水辺を再現した飼育方法が良かったのか、とくにその必要はなかったのか、よく判りませんが、現在のところ飼育は順調に見えます。ウールマットを用いた陸地の上にミズゴケを置いてやると、餌用のレッドローチがその中に逃げ込み、捕食を免れているので、これは無用かもしれません。

1

 ケージの一角にうっすらとした巣を張り、その上に落ち着いているようになりました。プラケースの壁面は上れませんでしたが、こうして巣を張れば脱走も可能になりますからメンテの際には用心しなければなりません。

2

 巣から下方を観察し、動き回る虫を見つけたら素早く駆け下りて捕食するのでしょう。本種が巣を張るとは知りませんでした。

3

 その後、巣を張らずに陸地にとどまっていたのですが、よく見ると揺籃を抱えています。揺籃とは、糸で作った玉のことで、これで卵を保護し持ち歩くわけです。……産みましたか。

4

 上から見たところ。体に対して揺籃はかなり大きいですね。

5

 ケージ内を掃除してやろうとすると、バタバタを逃げ回り、その拍子に腹を上にして静止しました。揺籃を撮ってくれと言わんばかりです。どのような状況になっても揺籃は絶対に手放さないようです。

6

 揺籃のズームアップ。水に濡れてしまいましたが、たぶん平気でしょう。母グモは幼虫が孵化して出てくるまで飲まず食わずで保護するのでしょう。大変ですね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM