1_萌萌虫雑記帳.png

ムクツマキシャチホコ3

2018/08/16


 擬態名人、3年ぶりの再会です。個体数は多くありませんが、この虫も筆者の生活圏に定住する住人のひとりです。相変わらずみごとな木っぷりです。

1

 目を細めて見てください。サクラの枝の木片に見えますよね。落ち葉や樹皮に擬態するものはいますが、木片に擬態するのも珍しいですね。前胸部の茶色い部分が切り口、翅の後方の黄紋が枝をはらった痕のように見えます。

2

 見かけるのがいつも人工物の中なので6肢が目立ってしまいますが、これが自然の草木の中だったら、ほんと木片にしか見えないでしょう。

3

 蛾の仲間は高い飛翔能力を持つのに、おおむねじっとしている生き物で、その習性からこうした擬態能力が発達するようになったのでしょうね。何日も同じところで動かないことも珍しくありませんから。

4

 近縁種にタカサゴツマキシャチホコがいますが、翅の黒っぽい部分が鮮明で、黄紋の近くの小さな白紋も鮮明なので、ムクツマキシャチホコでまちがいないと思います。本種は本州から九州にかけて分布し、タカサゴの方は関東南部にまで分布を拡げているそうです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内

cover4.jpg
学術エッセイ
人類汎幼進化計画


cover.jpg
小説
三角界の迷子たち


cover3.jpg
小説
少女たちと星の序章


cover2.jpg
エッセイ
単純世界の真面目症候群
Simple System and Serious Syndrome

cover.jpg
小説
あかねだいばくはつ

★講読には電子書籍リーダー Kindle が必要です。



sijn.jpg








recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM