1_萌萌虫雑記帳.png

ハイイロヒトリ

2018/08/28


 黄ばんだ白色の小さな蛾です。翅脈が黒くなるのがよく目立ちます。個体によっては、名前のとおり灰色を帯びたものもいるようですが、この個体が標準的な色合いだと思います。

1

 前胸前方のよく目立つ黒紋が目のように見えますね。

2

 触角が大きいのでオスです。

3

 じつは、ひじょうに衰弱していてほとんど動こうとしません。夜間照明に飛来してそのまま留まり、何日かして標本と化してしまう、そんなことはよくあることです。なんだかむなしいです。

4

 腹面図。オスは腹部がほっそりしています。
 最近、ツイッターやブログで、本種のメスのフェロモン放出写真というのを見ました。大きなヘビのようなものが尾端から何本か伸びているさまは、なんとも奇妙な光景ですが、そもそもフェロモンというものは、異性を引き寄せる臭いのようなものだと思っていたので、形ある器官が放出されるというのは、驚くべき状況でした。しかもあれこれ文献をたどると、フェロモンを放出するのはオスの方だと書かれてありました。
 一方で、フェロモン分泌のための器官を伸ばしている写真では、触角の小さなメスと思われる個体が写っていました。お腹も大きいし。本当のところはメスなんだと思います。
 いずれにせよ、実際にその現場を見てみたいものです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM