1_萌萌虫雑記帳.png

オレンジヘッドローチ3

2018/09/09


 7月末あたりから繁殖が始まりました。この虫は餌食いもそれほどでもなく、見た目の派手さとは裏腹に案外地味な感じです、飼ってみた実感としては。繁殖についてもそれほど旺盛ではないだろう、そう思っていました。もしかすると繁殖は望めないかもとさえ考えたほどです。

1

 尾端に卵鞘をくっつけているメス。以前に飼っていたジャイアントウッドローチは産卵したにも関わらず繁殖には至りませんでしたから、この時点では繁殖への期待は淡いものでした。

2

 卵鞘のズームアップ。卵鞘の形状もウッドローチのそれと似ていると思いました。

3

 それからしばらくすると、幼虫の姿をちらほら見かけるようになり、繁殖の成功が確認できました。

4

 幼虫は成虫とちがって単色で地味です。

5

 ちょっとフナムシの小型種みたいだ、そう感じました。

6

 地味だけど光沢が強くてけっこう目立つ外観をしています。

7

 しばらくすると幼虫たちは赤みが出てきて、レッドローチっぽくなってきました。レッドローチがケージに進入して本種の幼虫とすべて入れ替わっちまったのかと心配したほどです。

8

 現在うちではレッドローチが大繁殖中なので、温室内に脱走した個体が入り込んだのかも。でもレッドローチはプラケースの壁面を登れませんし、フタには防虫シートを被せてあるので、レッドローチの侵入は考えにくいです。

9

 レッドローチはプラケースの壁面を登れませんがm、この幼虫たちはやすやすと登ります。ただ、動きがそれほど素早くはなく、刺激しなければメンテナンス中に逃げられることはありません。
 成長は遅くて、9月になってもあまり大きくなった感がありません。餌は食べてるんですけどね。羽化が見られるのはまだ先のことになりそうです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM