1_萌萌虫雑記帳.png

アメリカシロヒトリ

2018/10/05


 今年はたくさん蛾がわきましたが、本種もそのひとつです。そして例年は筆者の生活圏ではあまり見かけない顔でもあります。小型種なので見逃している可能性もありますが。

1

 筆者が子供の頃は、アメリカからやって来た有害な外来種としてなかなか有名でした。前翅長20mmていどの小さな蛾ですが、産卵数がひじょうに多く、幼虫に要る植物の食害が問題視されていました。

2

 幼虫は広食性で様々な広葉樹の葉を食しますが、最近はあまり話題になりませんね。日本の生態系の一員として溶け込んでしまった感があります。

3

 純白の体がひじょうによく目立ちます。

4

 今年は日に数匹以上のペースで見かけましたが、いずれも純白タイプでした。個体によっては黒から濃灰色、褐色のゴマダラ模様が顕著なものもいるはずですが、ここいらには柄物はいませんね。

5

 ピークは8月中旬〜9月上旬でした。最近はほとんど見かけなくなりました。恐らく5月頃からいたと思います。
 それにしても1頭くらいゴマダラの個体を見たかったものです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM