1_萌萌虫雑記帳.png

ミスジチョウ2

2018/10/15


 筆者の生活圏では、本種は家の近くの公園あたりの1ヶ所でしか見たことがありません。この虫は1年1化で初夏に羽化するはずなので、今頃になってその姿を見るのはちょっと驚きでした。蝶の仲間としては成虫の期間が長く、秋まで生存するということなのでしょうか。

1

 時々翅を止めて滑空する独特の飛び方をする本種ですが、辛抱強く待っていると他の蝶に比べて長く静止状態を保ってくれ、比較的撮影のチャンスも多くなります。ただ、その辛抱強さが筆者にはありません。

2

 毎回同じ場所で見かけますが、吸蜜している姿を見たことがありません。幼虫の食草となるカエデもここにはありませんし、いったい何をしにこの辺りを飛び回っているのか不明です。この時期になるとヤブガラシやキク科の雑草の花も少なくなり、この辺りに来る目的が解りません。10月になっても元気に飛んでいることも含め、謎めいた蝶です。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM