1_萌萌虫雑記帳.png

ヒガンバナ2

2018/10/16


 10月1日のことです。ヒガンバナを見に出かけました。出かけると言っても家から数分も歩けば現場に到着するのですが、花のピークは9月中旬から下旬で、時期的にはすでに遅いです。電車の車窓からもよく見え、田んぼのあぜ道や川原の土手が赤く染まっているさまはひじょうに鮮やかです。

1

 遠望したところ。ヒガンバナは湿度が高くて草ぼうぼうの土手なんかが大好きなようですね。

2

 開花時期にだけ草むらをかき分けて花茎をニョキニョキ伸ばし、鮮烈な赤い花を咲かせます。

3

 線香花火のような容姿に、思わず目を奪われますが、日本では彼岸(死)の花ということであまり喜ばれないところが残念ですね。

4

 秋のお彼岸の時期に開花することが名の由来だと思われますが、他にもこれを食すると彼岸を渡ることになるという意味もあるそうですよ。全草有毒です。食べると下痢や吐き気を催し、重篤なケースでは死にいらることもあるらしいです。

5

 ヨーロッパではこれを輸入して、園芸植物として親しんでいるそうです。多種と掛け合わせて白やピンクのものを作出したり。ただし、ヒガンバナ自体は遺伝子が3倍体というひじょうに珍しいことになっていて、異種交配は不可だと思われます。近縁種のコヒガンバナは2倍体なので、それを用いるようです。

6

 単一で咲いていると、花の形状がよくわかりますね。ほんと文化的に忌み嫌われるのが惜しいみごとな花です。

7

 10月までもっている花は少なく、多くはすでにこんなふうになっています。

8

 実がなっていますね。でも遺伝子が3倍体のヒガンバナは、すべて同一遺伝子で受精して芽の出る種を作ることはないと思われます。

9

 もともとは中国大陸から持ち込まれ、モグラ除けに田んぼの畦に植えられたとも言われています。毒性があるので、モグラの餌になるミミズが寄りつかない(実際にそうなのか不明)ので、田んぼに穴を開けられ水が枯れてしまうのを防ぐことができるとか。

10

 3倍体遺伝子という生物学的に非常識な植物が、その産地ではひじょうによく繁栄しているというのも驚きですね。原産地のヒガンバナは、たぶん通常の2倍体の遺伝子を持っていたのだと思います。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM