1_萌萌虫雑記帳.png

ヤブラン

2018/10/24


 日本各地で見られる植物ですが、筆者はなぜか野生の姿を目にした覚えがありません。頑健種なので公園や道路の植え込みなどに植えられているのをよく見かけます。

1

 筆者の家の庭にもずっと以前からいました。恐らく家を買った時にすでに植えられていたと思います。頑健種で手がかからないはずなのに、うちでは増えもせず絶えもせず、いつ見ても葉を虫に激しく食害されています。本種のこんなみすぼらしい姿を見るのは、うちの庭だけです。いったいどいつがせっせと食べているのでしょう。

2

 花の時期は長く、温かい季節を通じて見られ、秋が深まる頃まで咲いています。

3

 これはツボミたちですが、遠目には花もツボミもあまり変わり映えしません。

4

 花茎がツボミを持ち始めると花が咲いたように見えるので、よけいに花の時期が長く思えるかもですね。

5

うちでは葉が虫食いだらけで、ご覧のようにボロボロです。いつ見てもこんな感じです。葉は白と緑のストライプで、なかなかオシャレなんですけど。

6

 ツボミが目立つようになってから開花まではかなりの日数を要するようです。下の方に1つ咲いてますね。

7

 夕刻撮影写真。日中に撮ったものだとピンクに見え、夕方の写真は紫です。本種に上にのしかかっている広葉はツルニチニチソウ。

8

 花の色は藤色なので、夕方写真の方が本当の色に近いのかな。

9

 花のズームアップ。個々の花のサイズは数ミリです。

11

 てっぺんから見下ろした花茎。

12

 こうして拡大すると、花弁はとても厚みがあるように見えますね。小さな花弁が6枚もありますよ。

13

 これは近所の公園(マンションの敷地)で撮ったものです。うちのものより立派で、葉も目立った虫食いもなくきれいです。普通はこんな感じなんですが、なぜかうちのは……。

14

 街のいたるところで見かけるので、皆さんにとっても珍しくもなんともない草花だと思いますが、これで希少種だったら葉や花の形状も個性的で重宝されると思いますよ。
 ありふれているだけにあまり注目されず、多くの人が見知っているけど名前は知らない、そんな扱いを受けています。ひでぇ。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM