1_萌萌虫雑記帳.png

サザナミスズメ4

2018/11/16


 でました。季節外れもはなはだしい大型スズメガです。春と夏に年2度発生する本種が、11月まで生きながらえているのはかなり珍しいと思われます。季節が明らかにずれていますね。

1

 筆者の経験ではアシナガバチやカマキリを温かい温室で飼うと、ひじょうに長生きしたことがあり、今もハラビロカマキリが温室内で存命中ですが、夏の蛾が野生で今も生きているというのはやはり異例ですね。

2

 図鑑やネット上の情報では、昆虫の成虫の出現時期が表記されていることが多いですが、これはその時期を外すと途端に成虫がいなくなるという意味ではない場合も多いようです。その時期を逸すると急に見かける数が減ると解釈すれば、季節外れの成虫の発見もそれほど奇異なことではありません。
 ただ、大型の蛾の成虫は短命のものが多いので、この事例はやはり異例なのでしょうね。本種は北海道やシベリアにも分布するそうですから、寒さにはけっこう強いでしょう。反面、九州以南の南国にも生息しているようです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM