1_萌萌虫雑記帳.png

イヌタデ

2018/12/01


 日本全国どこにでも見られる雑草の代表選手のひとりですね。ピンクの可愛らしい花を春から秋が深まる頃まで咲かせますが、全然人気がありません。タンポポやシロツメグサは好きだと言う人がいますし、ヒメオドリコソウやホトケノザも嫌いと言う話しはほとんど聞きません。しかしイヌタデに関しては皆さん無関心で、名前すら知らないといったありさまです。

1

 オオバコや様々な雑草に混ざって繁殖するイヌタデです。ピンク色をした粒々がそれです。

2

 ピンクの粒々ばかりが目立って、葉は目立ちません。写真の中では左側の中葉よりやや下に赤みを帯びた細長い葉が1枚見えますが、それが本種の葉です。

3

 ピンクの粒々のズームアップ。開花しそうなものもありますが、ほとんどツボミのようですね。イヌタデの充分に開花した花を見つけることはあまりありません。なぜでしょう? 開花していても1つか2つていどの場合が多いです。

4

 早いもので今年も12月。雑草たちも急速に緑色を失ってゆきますが、イヌタデはまだ元気に咲いています。しかしこの草も1年草なので間もなくいなくなってしまうことでしょう。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM