1_萌萌虫雑記帳.png

サンセットドワーフグラミー

2018/12/20


 ドワーフグラミーの改良品種で、体全体が朱色になり、背びれに原種の持つ青色(メタリックな水色)を残します。温厚な魚で他魚との混泳は問題ありません。

1

 コバルトドワーフグラミー同時に入手し、混泳させています。うちにはサカサナマズやコリドラス、プレコといった小型ナマズ類やドジョウの先住者がいます。

2

 原種は金属光沢の水色に赤いバンド模様のはいる魚ですが、その面影は青い背びれくらいですね。

3

 スズキ目の魚ですが、水質は弱酸性がよいとのことで管理が楽です。うちのうような小さな水槽では酸性化が早いですから。

4

 同種間で威嚇し合ったりすることもあるようですが、群れで飼うとテリトリーの主張はなくなります。攻撃相手が多すぎでyrってられませんから。ひじょうに気の荒いオヤニラミでも群れ飼育だと爭わなくなります。

5

 寿命は2〜3年だそうです。先住のナマズたちの方が長生きしそうですね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM