1_萌萌虫雑記帳.png

エクスパンサスフチゾリオオワラジムシ

2019/01/08


 スペイン産の大型ワラジムシで、模様も形状もひじょうに特徴的で人気があります。かつては5頭ン万円といった値段が着いていましたが、CB化が進み、値段も下がってまいりました。

1

 カラフルな三葉虫なんて表現する人もいます。たしかに胴部が中心部と側縁部に明瞭に区分でき、三葉虫の構造と似ています。

2

 体に透明感がなくひじょうに黒っぽいうえに、外縁部や触覚、肢が対照的に白くなります。胴部中央に白い斑紋が並ぶのもインパクト強いですね。

3

 側面から見ると外縁部が少し反りあがっていることが判ります。フチゾリの名の由来ですね。本種は単にフチゾリオオワラジムシとも言われています。

4

 愛好家にとっては憧れの虫だったと思いますよ。筆者もはなっからあきらめていましたが、爬虫類市場で手の届く価格のものを見つけました。

5

 雌雄では形状にかなりの差があります。左がメスです。オスは尾肢がひじょうに長くなります。メスの外縁部の色がやや暗いのは、性差なのか個体差なのか不明です。

6

 派手な容姿のうえに、意外と物おじしません。ケージに入れたとたんそそくさと隠れるのが多くの虫たちの常ですが、本種はしばらくは平然と姿を見せていました。繁殖に成功するといいですね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM