タイトル.jpg

ハーシーオオワラジムシ

2019/01/13


 スペイン産のオオワラジムシです。エクスパンサと同じように背中に紋が並びますが、紋の数がひじょうに多くかつ黄色味を帯びます。各節の外縁部はフィン上になりますが、エクスパンサほどには反りあがりません。

1

 背中の紋の色合いや形状には個体変異が見られます。この個体では紋の形が四角から台形をしています。

4

 こちらは紋の形状が丸みを帯びる個体。

2

 今回入手した個体は、いずれも色合い的には似通っていますが、ブライトカラーやダークカラーの改良品種も出回っているらしいです。入手したものはたぶんノーマルです。

3

 各節の外縁部は白くなりますが、そこには黒紋が生じ、これにも個体差が見られます。この個体は黒紋が明瞭なものです。

5

 外縁部や触覚、尾肢、歩脚は透明感がある白です。

6

 触角がひじょうに長く立派ですね。目も大きいです。感覚器がよく発達していて動きが活発であることが伺えます。

7

 尾肢の性差。左がメスです。右側のオスはひじょうに長い尾肢を持ちます。メスは尾肢は小さいですが、そのひとつ前の節から1本の棘状の突起が出ています。オスではそれが小さいです。

8

 今回入手した個体はメスが多かったようです。ぞろぞろと繁殖しないかなぁと期待しているのですが、等脚類は環境の良し悪しで繁殖状況が大きく左右されるそうです。どなたか理想的な飼育環境についてご教示ください。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM