1_萌萌虫雑記帳.png

オカダンゴムシ5

2019/02/09


 真冬の庭の等脚類採集。以前に廃棄した朽ち木や石をひっくり返して、ワラジムシやダンゴムシの採集を試みます。収穫はワラジムシが多く、ダンゴムシは3割ていどでした。

1

 温室に収容するとさっそく歩き出したワラジムシに対して、オカダンゴムシはずっと丸くなったままでした。

2

 黒っぽい個体が多かったのは、冬場のせいでしょうか。寒い季節は色が黒くなるのでしょうか。そういう話しは聞いたことがないですが。

3

 飼育ケージはワラジムシと兼用です。仲良く暮らしてください。

4

 同居人のワラジムシと。ダンゴムシは依然として丸くなっています。冬眠継続中ですね。

5

 手の中で温めで覚醒させました。真っ黒の体に黄色い模様が輝いて見えます。今回採集したものは、みんなこんな色合いでした。

6

 飼育中のハナダカダンゴムシとの頭部の比較。上がオカダンゴムシです。オカダンゴムシは頭頂部の三角形が横長ですが、ハナダカダンゴムシは正三角形に近く縁が反りあがっています。鼻高です。

7

 ワラジムシが大小さまざまな個体が得られたのに対して、オカダンゴムシの方はおおむね粒がそろっていました。寒い季節になって以降は繁殖していないのでしょう。

8

 飼育環境。ワラジムシと兼用です。オカダンゴムシは地表寄りあるいは地中を好みますが、ワラジムシは地表から離れたところの方が好きだと思われます。そのように明確に棲み分けるというわけではなく、あくまで傾向の問題です。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM