1_萌萌虫雑記帳.png

セルフィンプレコ

2019/03/03


 去年の暮れ、長年飼っていたアルビノタイプのセフフィンプレコが突然死にました。日中急に暴れだし、水面に頻繁に顔を出す動作を繰り返すと、やがて水底に沈んで動かなくなりました。死因は不明です。底砂でも飲んで喉を詰めたのでしょうか。
 セルフィンプレコは、プレコの仲間でも格段に頑健で、水槽内のコケ取の仕事をひじょうに熱心に行ないます。この魚がいるかいないかで水槽内のコケによる汚れが全然ちがいます。

1

 水槽内の茶ゴケの除去には、エビや巻貝、オトシンクルスといった掃除屋がよく紹介されますが、本種に優る職人は存在しません。筆者が太鼓判を押します。なので、セルフィンが死去すれば、さっそく次を入手しなければなりません。

2

 今回はノーマル品種を入手しました。数センチの小さな幼魚です。先代は20cmをゆうに超えるほどに成長しており、30cm水槽では手狭で、かなり気も荒くなっていました。

3

 同時に入手したミニブッシープレコと並んでいるところ。セルフィンもこれくらいのサイズの頃は温厚で、他の魚にちょっかいを出したりしません。成長するにつれて気が荒くなりますが、基本的に魚食はしないので、混泳不可ではありません。ただし、大型でのんびりした魚の場合、本種に徹底的に舐められ、カミソリのような歯でウロコを削り取られて死んでしまいます。むかしスポッテッドガーの水槽のコケ取に本種をやとったところ、ガーが一夜のうちに舐め尽くされて死んでしまいました。

4

 大きな背びれがひじょうに見事ですね。流通量も多く、価格も安くて、通販では3〜5頭まとめ売りも見かけますが、少し成長すると同種間では激しい争いが生じます。同種を一緒に飼うことは不可です。購入する場合は、水槽の数にとどめましょう。

5

 本種はコケ取り職人であるほか、魚が死んだ場合にそれをきれいに食べてしまいます。水槽内で小魚が死去した場合、筆者はそれを取り除かずに本種のエサとして放置しています。
 小さな水槽に入れている場合は、大きくなって水槽が手狭になった場合は別の大きな水槽に移すか、ショップに引き取ってもらうかすると良いでしょう。成長は早くすぐに飼えないサイズになってしまいます。筆者の場合は、誰が見ても狭すぎるだろうという状態で長年飼っていましたけどね。

※ 別項「プレコ」にも本種について記述しています。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM