1_萌萌虫雑記帳.png

クマワラジムシ オレンジ7

2019/03/09


 飼育を始めてから1ヶ月ばかりが経ちました。まとまった数を入手したのと、成熟した個体も含まれていたこともあって、すでに本格的な繁殖が始まっています。

1

 個体数を多く飼っていると、日中でも動き回っていることが少なくありません。でも、本種が大量飼育に向かないということはなさそうです。

2

 樹皮の裏側にくっついているところ。じめじめした腐葉土上よりも乾いた場所が好きです。

3

 数日間で食べつくされたドッグフード。後には糞が残されています。

4

 木をひっくり返すと、そのままじっとしているか、裏側に逃げ込もうとします。

5

 上半身のズームアップ。歩脚には多数の棘が見られます。木や壁をよじ登るのに機能を発揮するのでしょう。

6

 木炭の裏側に密集しているところ。矢印のところに孵化直後の幼虫の姿が見えます。

7

 2月半ばの様子です。まだ少ないですが、幼虫の姿がちらほら見受けられました。

8

 腐葉土上の幼虫たち。幼虫は腐葉土を食しており、腐葉土の表面でよく見られます。

9

 メスの腹から孵化してきた幼虫たち。

10

 成熟した個体と、未成熟の個体。写真はいずれもメスのようです。

11

 2月下旬の様子。木炭の裏側に集まっているところ。孵化して少し経つ幼虫もいて、元気に歩き回っています。

12

 木炭上の幼虫たち。まだひじょうに小さいですが、オレンジ色に色づいてきています。

13

 腐葉土上を歩いているところ。腐葉土は彼らの主食です。

14

 腐葉土上に孵化直後の幼虫と成虫が一緒にいます。飼育下では様々な齢の個体が普通に同居していますが、自然界ではどうなのでしょう。同じような状況であれば、亜社会性を有すると言えると思います。

15

 クマワラジムシに関しては、アルビノ品種も野生採集のノーマル種も生態にちがいは見られません。よく活動しよく食べ、どんどん繁殖しています。

16

 ノーマル個体では、体色に個体ごとに変異が見られますが、アルビノではほぼ一様なオレンジです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




つTw.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM