1_萌萌虫雑記帳.png

アシブトメミズムシ

2019/04/02


 半翅目に属するミズムシの仲間は、小型の水生昆虫で、藻類を吸汁する温厚な生き物ですが、その中でもメミズムシは、ミズムシにはないセミ類のような単眼を持つ虫です。本種はそのメミズムシの仲間で、太い肢を持つことから、このいささか変な名前になりました。肉食性でしかも陸生です。

1

 丸くて扁平なせんべいみたいな形状をしています。以前からネットオークションでたまに見かけて気になっていたのですが、今回はエサとなる等脚類のストックが豊富にあるので入手することにしました。

2

 個体によって色合いに濃淡の差異が見られます。腹面図では前肢の腿節、脛節がひじょうに太いことが観察できます。体に砂粒がついているのは、彼らが砂浜くらしで、送ってくださった方が砂に入れていたからです。

3

 砂から掘り出すと、じっと擬死したまま動きませんが、しばらくするとチョコチョコ歩いては止まる、ハエトリグモに似た動きをします。裏返しておくと、小さな中後肢を使ってクルリと起き上がります。

4

 幼虫です。翅がありません。成虫は翅があるものの開閉できず飛翔能力はありません。

5

 幼虫の腹面図。プラケースの底では足がかりがなくて表に返れないようです。ジタバタしてます。

6

 飼育には、砂を用いるのが無難でしょうか。沖縄地方の浜辺で暮らしています。湿度もあるていど必要であると思われます。

7

 エサ用のダンゴムシは、出品者が入れておいてくれました。ひじょうに動きが速いですが、これを捕まえることができるのでしょうか。

8

 送付された状態はこんな感じ。このままでも飼育できそうです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




つTw.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM