1_萌萌虫雑記帳.png

アカエイ

2019/04/04


 去年の春に記述していた水族館で見かけた海洋生物の続きです。冬場は虫が少なくなるのでその機会に書こうと思っていたのですが、意外にネタが多くで、けっきょく春になってしまいました。
 エイはご存知サメと共に軟骨魚綱に属する動物ですが、そのひじょうにユニークな形態にもかかわらず、よく繁栄していて種類も多く、淡水域にも進出しています。

1

 尾を含めると2mに達する個体もいる大型種ですが、日本近海や東アジアにはたくさん生息していて、食用としても利用されているようです。水族館でも常連ですね。

2

 頭胴部と胸ビレが一体になった典型的なエイですね。進化的な条鰭類の仲間は体が縦扁していますが、エイは極端に上下に扁平な形状です。体を一体化したヒレを波打たせながら泳ぎます。それほど速い速度はでないでしょう。海底にいる獲物に覆いかぶさって包み込み捕食するという独特の生態に特化しています。

3

 腹面図。口の形状が愛嬌のある表情を作っていますが、尾の棘に猛毒を持つ危険な魚です。刺されると最悪の場合命の危険に瀕することになるそうです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




つTw.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM