1_萌萌虫雑記帳.png

キルギスオオワラジムシ6

2019/04/09


 飼育繁殖とも順調です。現在は15cmのプラケースで飼っていますが、そろそろ大きなケージに換えてやった方がよさそうです。腐葉土の劣化も進んでいますし。

1

 思い切って、クマワラジムシと同居させることにしました。同居は問題ないと思われます。左が本種、右がクマワラジムシです。

2

 本種も大きな虫のイメージがありますが、クマワラジムシに比べると扁平でスリムなのでやや小さめに見えます。ところが、肉眼ではそれほど差異が感じられません。混ぜてみるとどっちがどっちかよく判らん事態になってしまいました。

3

 生後間もない幼虫たち。どれが誰の子なのか、もう判りません。

4

 小さな幼虫、少し育った幼虫、脱皮してあまり経っていない成虫(もしかするとまだ未成熟かも)ですが、本種独特の白いエッジはほとんど見られませんから、クマワラジムシとの識別が困難です。

5

 クマワラジムシ親子(上)と本種の親子(下)。本種の方がやや明るい色をしていますかね。
 でも、同居させていきなりですが、この同居は失敗です。それで思ったのですが、キルギスの方は順次アルビノの方のクマワラジムシのケージに移してゆこうかと。同じクマワラジムシでもオレンジクマワラジムシことアルビノ個体の方は、小さなころから赤くて本種との区別が明瞭ですから。
 混成飼育のメリットはメンテの節約くらいしかありませんから、まったくお勧めしないのですが、筆者個人にとってはどうしても進めてゆきたい実験です。両者が混成状態でも良好な生育と繁殖を維持してくれれば実験は成功です。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




つTw.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM