1_萌萌虫雑記帳.png

ルリチュウレンジハバチ3

2019/05/26


 生物の繁殖状況は、年によって変化するもので、とくに一定のエリアにたくさんの種がせめぎ合っている場所では、変化が顕著なのですが、今年は春からルリチュウレンジバチの大発生が始まりました。

1

 毎年秋口の発生が目につくのですが、今年は春からワラワワとわきました。こんなにわくと、飼育欲がメラメラとわいてきますが、この悪癖のおかげでまたまた目を回すことになりそうなのでやめておこうかと。

2

 ハバチの仲間は幼虫がチョウやガのように植物の葉を食べて育つので、食草さえ確保できれば飼育は難しくありません。本種の場合うちの庭のツツジの葉で幼虫が育てられるでしょう。成虫を採って帰ってツツジを入れたケージに閉じ込めておけば産卵するでしょうか。

3

 ひじょうに美しい容姿をしていますが、体長は8〜9mmていどで、虫に興味のない人にとっては黒っぽい小さなハチが群れているということで、しばしば不快害虫扱いになっているようです。もちろんツツジを育てている方にとっては幼虫は文字通り害虫です。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM