1_萌萌虫雑記帳.png

ツマキヘリカメムシ

2019/06/13


 体長1cmに満たない小さなカメムシです。もちろん植物の汁を吸っているのですが、先日庭の手入れをしていますとフェンスの根元の石に群れを成していました。同じ場所にはダンゴムシもたくさん群れていました。

1

 植物に依存している虫が、こんなところで何の集会をしているのでしょう。越冬でもあるまいし。猛暑を避ける季節でもないし。以前に林の中で倒木の下に群れているのを見かけたことがありますが、本種は日中は物陰に潜む習性があるのでしょうか。

2

 危険を感じなければじっとして群れているようですが、動き出すとかなり俊敏です。

3

 一緒にいるオカダンゴムシたちとはどういう関係なのでしょう。ダンゴムシとの共生については聞いたことがないので、行きずりの関係なのでしょうが、それにしても混然一体としています。とっても仲良しです。

4

 類似の昆虫にオオツマキヘリカメムシがいて、オスの尾端の突起で見分けるそうですが、オオツマキの方が腹部の外縁が平たくよく反りあがっている気がします。
 狭い庭でもところにより、虫たちのさまざまな社会が存在するものです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




つTw.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM