タイトル.jpg

シマドジョウ2

2019/06/24


 5月に懇意にしていただいている なまものがかりさん にいだたきました。奈良県の野生採集個体です。体側の紋が明瞭なスポットになることからスジシマドジョウとは区別が付けやすいですが、ヤマトシマドジョウとの判別はやや困難です。ヤマトの方がスポットがより顕著なことが多いですが、中にはひじょうによくにた個体もいます。でも大丈夫、ヤマトは山口や九州にしかいませんから。

1

 国産の川魚を扱うショップでなくても一般の熱帯魚屋さんでもしばしば目にします。養殖されているのかどうかは存じませんが、ドジョウ類の繁殖は難しく、採って来た方がてっとりばやいのではないかと思います。

2

 ただ、ショップで購入したものは水槽内でも長生きします、筆者の経験では。きっちりトリートメントされているってことでしょうか。でも、今回採集個体を飼い始めてその認識も変わりました。飼育開始から40日以上になりますが、たいへん元気です。ここまで来ればよほど水質を悪化させない限り大丈夫でしょう。

3

 それでも日本の魚はアマゾン産の熱帯魚等とちがって、水質の悪化に強くなく、換水を怠ると死んでしまいます。その中でもドジョウ類は強い方ですけどね。

4

 導入直後は2頭ともひじょうに神経質で、少しの刺激でもパニック状態になりました。他魚との混泳は当初からそれほど問題なかったのですが、ガラス越しに水槽外から人が近づくといった刺激には慣れていませんでした。そうした状況も1週間ていどで、その後はすっかり慣れて写真を撮るのも容易になりました。人工飼料もよく食べます。
 持論なのですが、こうした野生魚を飼育下で慣れさせるには、すでに馴化している魚と混泳させることが近道であるように思えます。他魚との混泳が困難な種はこの方法は通用しませんが。
 現在はコリドラスやプレコ、サカサナマズといったアマゾンの小型ナマズと同居しています。これから夏場にかけて水質の管理には気を使いますね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM