1_萌萌虫雑記帳.png

ウスバカゲロウ3

2019/06/25

 久々にウスバカゲロウがうちに飛んできました。たぶん5年ぶりです。幼虫は有名なアリジゴクですが、彼らはどの辺りに生息しているのでしょう。カワゲラの仲間でもそうですが、弱々しい薄い翅でかなりの長距離を飛ぶようですから、この子も長旅をしてきたのかもしれませんね。成虫の命は長くはありませんが。 1  夜に玄関を開けたすきに飛び込んできました。天井付近に静止しているところです。4翅を4方に広げているポーズがなんとなく古風で、むかしの昆虫というイメージを抱かせます。 2  光の加減かもしれませんが、かなり青みを帯びて見えました。以前に飛んできた子はもっと黄色かったと思うのですが。ウスバカゲロウにも個体変異があるのか、それとも近縁の別種でしょうか。 3  各翅の先端付近の上部に白い紋がありますが、トンボの仲間も同じような位置に同じような紋がありますよね。これは両者が系統的に近い仲間であることを示しているのでしょうか。 4  頭胸部のズームアップ。目や触覚はむしろチョウのようです。口器がまったくちがいますが。有翅亜目の仲間としては比較的原始的な虫なので、多くの昆虫のプロトタイプ的存在と言えるかも知れませんね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM