タイトル.jpg

キルギスオオワラジムシ7

2019/07/07


 この春から始めたクマワラジムシとの混成飼育は失敗でした。色合いやサイズがよく似ているので、幼体になるとひじょうに見分けがつきにくいのです。これではダメだということで回収してアルビノのクマワラジムシのケージで同居させることにしました。これなら2種の判別は一目瞭然です。孵化直後の微細な幼虫ではちと識別困難になりますが。

1

 アルビノクマワラジムシとの同居は上手くいっています、といいたいところですが、クマワラジムシの猛威に圧倒されて最近は数で圧されてしまっています。がんばれ、キルギス。

2

 成体が数を減らしていっているということはないようなのですが、繁殖がほとんど進んでいません。去年の暮れに等脚類のエキスパートの方とお話しする機会があって、その時に混成に関しては相性があると聞きましたが、本種とクマワラジは相性が良くないのでしょうか。

3

 等脚類は動物質も食べますから、本種の小さな幼虫が食べられてしまうのでしょうか。飼育状態があまり過密にならなければ共食いは起きにくいと思われるのですが。

4

 これは2種がココナツシェルターの裏側に集まっている図ですが、あきらかにクマワラジムシの方が多いです。それに本種の幼体が見られません。中央付近にそれらしいのが1頭だけ写ってますけど。

5

 このままさらに様子を見ます。それで衰退が進むようなら、両者は別々に飼うようにしなければなりません。面倒だなぁ。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM