1_萌萌虫雑記帳.png

アブラゼミ8

2019/07/10


 ツイッターを見ておりますと、セミが啼き始めたという記事をちらほら目にしますが、筆者はまだ今年のセミを聞いておりません。今年の近畿地方はいまだに朝夕肌寒いことがあるほどで、低温のせいでセミの羽化が遅れているのかと一瞬考えてしまいましたが、自分のブログを見ていますと、セミの声を聴くようになるのは毎年7月の中旬以降で、いまはまだ早いのです。
 日本は南北に長い国ですから、今頃すでに啼き始めている地方もあるのでしょう。

0

 そうしたなか、セミの惨劇を目にしました。足掛け7年の地中生活を終えた幼虫が地表に現れ、そのままアリたちに食われるという光景です。抜け殻のすぐ前にまだ白くて翅も伸びていない成虫がいて、アリの大群がそれを襲撃していました。幼虫は羽化の足場を求めて路上を歩くうちにアリの襲撃に遇ったのでしょう。抜け殻がすぐ近くにあるということは、もしかすると脱皮する前からすでに襲われていたのかもしれません。あるいは近くの樹上で脱皮中に襲撃され路上に落下したのでしょうか。落下した後に殻から這い出し、そのまま力尽きてしまったのかもしれませんね。
 なんとも悲しい事件ですが、アリたちにも食料が必要だから仕方ありません。それにしても時期的に羽化にはまだ少し早かったようですが、まさか地中にいるときにすでにアリに襲われ、逃れるために地表に這い出してきた、そんなことはありませんよね。あったりして。それなら時期早々にセミが地表にいる理由もうなずけます。あまり考えたくないですけど。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM