1_萌萌虫雑記帳.png

ツバメ6

2019/07/19


 ツバメは子育てのシーズンは筆者にとって日常的に目にする野鳥ですが、人里と共にあるシナントロープゆえ、野山に彼らを求めるのは愚行です。うちのご近所のツバメたちはそろそろ子育てを終えた頃ですが、先日北陸自動車道のICで、まだ子育て中のツバメを見つけました。

1

 電線に止まっているヒナですが、もう独り立ちできそうに思えるものの、尾羽が何だか変です。途中で切れているように見えます。

2

 電線上で飛び立つこともできずにバタバタしているところへ、親鳥が近づいてきました。母親は巣を離れてしまったヒナの巣外育児を続けていたのでしょうか。

3

 なんとも危なっかしいですね。この子はなぜこんなところに来てしまったのでしょう。カラスにでも襲われ、命拾いしたものの受傷して落下し、たまたま電線上にたどり着いたのでしょうか。

4

 親鳥は巣にも向かいました。まだ育児中のヒナが残っているようです。ヒナたちが顔を出しているところも見ましたが、撮った写真がすべて悲惨な手振れで掲載できませんでした。
 ICの周りは豊かな自然ですが、そこは虫を狩る猟場であって、育児はやはり人がたくさんいる環境が安心できるようですね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




つTw.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM