1_萌萌虫雑記帳.png

ギラファノコギリクワガタ2

2019/08/12


 飼育を開始して3ヶ月が経ちました。しばらく飼ってからペアリングを行ない、それからでも2ヶ月半ていどが経っています。メスが産卵していれば、今頃は幼虫がうじゃうじゃいてすでに2令くらいに成長しているかも知れません。忙しさにかまけて産卵セットをいまだにそのままにしています。

1

 メスです。数日間のオスとの同居のあとは、ずっと産卵セットに入れたままです。ひと頃はまったく地上に姿を現さず、エサも食べませんでしたが、最近はよく食べ、しばしば姿も見かけます。

2

 こうしてエサをよく食べるようになったのは、産卵行動を終えた証拠だと思われます。

3

 食いむらはありますが、数日で昆虫ゼリーを完食することも少なくありません。

4

 防虫シートを食い破った。飼育を始めたばかりの頃にこういうことをよくやります。フタを開けるとフタと防虫シートの間にいたりとか。飼育環境に慣れるにしたがって、これはなくなります。

5

 オスです。ペアリングのあとはメスと同様ひとり暮らしさせています。繁殖行動の後やがて死んでしまうカナブンやカブトムシとちがって元気にしています。

6

 これは産卵セットにメスを入れて間もないころの様子です。ホダ木が菌糸で白くなっています。

7

 しばらくするとホダ木をかじりはじめました。

8

 ホダ木がボロボロになり、マットのそこここに穴が開き、産卵行動が進んでいることが伺えます。

9

 プラケースの側面からマットを覗くと、坑道とその中の幼虫の姿が見えました。どうやら繁殖に至ったようですね。

0

 このまま飼い続けても何頭かは羽化に至るでしょうが、そのうち時間がある時に暴いて幼虫を取り出して、プリンカップで個別飼育に移そうと思います。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




つTw.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM