1_萌萌虫雑記帳.png

オーストラリアムネアカオオアリ

2014/03/21


 筆者がかつて飼育していた日本のムネアカオオアリと同じ Camponotus属のアリですが、オーストラリア産のアリです。ネット上で手に入れたのですが、送り主が学名を教えてくれました。Camponotus nigriceps だそうです。和名にするとオーストラリアムネアカオオアリと言ったところでしょうか。ネットで検索してみると、アリの飼育で有名な「AntRoom」にオーストラリアオオアリと紹介されていました。



 送り主も「AntRoom」さんの愛用者らしくて、AntRoom特製の石膏飼育ケースで飼育中の状態をそのまま送ってくださいました。石膏でアリの巣を模した部屋と通路が造形されてある飼育ケースで、ガラスケースの正面からアリたちの暮らしを側方観察できます。また、背面に開いた穴から注水することによって石膏部分を湿潤に保ち、アリたちに必要な水分を補っています。コロニーが育ってきたら複数のケースを連結するという拡張性もあります。



 まだそれほど大きなコロニーではありませんが、ワーカー(働きアリ)にはあきらかいにサイズ差が見られ、古い学識であれば、働きアリ、兵隊アリというふうに呼ばれるところです。最近の研究ではワーカーのサイズは2タイプとは限らず、様々な役割分担があることが判明してきたそうです。
 基本的には小型のワーカーほど、小まめに働き、大きなものほどここ一番という時に力仕事をしたり、外敵と戦ったりするようです。そうした分担から、働きアリや兵隊アリと呼称された古い考え方もあながち誤りではないわけですが。



 このコロニーには、まだ小規模にかかわらず大きなサイズのワーカーがたくさんいます。以前飼っていた日本のムネアカオオアリよりも、あきらかに大きなワーカーが多いです。育児室にいるワーカーもむしろ大型の個体が主流です。こんなのを見ると筆者の持つアリに対する認識がグラグラと揺らぎます。ネット等で読んだ知識を得意になってひけらかしていると赤っ恥をかくところです。生き物の世界は単純に人の思い通りにはなってくれません。本種のワーカーに大きなサイズのものが多い理由について、読者のみなさんも一緒に考えてみてください。



 女王様登場です。現在飼育中のどのアリよりも、本種の女王様は落ち着いていなさります。いつ見ても飼育ケースのいちばん下の室に泰然としています。
 ここで、本種の女王様は落ち着いていると結論づけるのは早計です。この飼育セットに本種がすっかり馴染んでいるからそう見えるのであって、飼育中の他のアリたちは、女王の間をどこにするか試行錯誤中ということかも知れません。



 餌場です。筆者お得意の昆虫ゼリーとイグアナフード、ゴキブリの幼虫もいますよ。アリのサイズとさほど変わらない大きさの幼虫なので、生きたままでもアリたちの餌食になってしまうでしょう。



 給餌ペースは、おおむね週1ですね。上の写真は、給餌した翌日の餌場の様子です。イグアナフードは噛み砕かれてボロボロ、白い粒はあまりお気に召さなかったのかな、けっこう形が残ってます。そしてゴキブリの幼虫は早々に食べられてしまいました。昆虫ゼリーもけっこう食べたようです。イグアナフードの残骸の下に多少は残っているかもですが。
 本種は、現在のところたいへん食欲旺盛なので安心です。冬の間もずっと同じでした。もちろん加温している状態でですよ。餌場は食べ散らかして汚しますが、巣の中はいつも綺麗な状態です。クロナガアリのように餌を貯蔵したりはしないようです。飼育下では餌場が貯蔵庫みたいなものですけど。

 一度、餌場にかなりの数の蛹が搬入されたことがあります。その際には数頭のワーカーがずっと蛹に付き添っていました。注水しすぎて巣の中が蒸れたとか、そんな原因があったのかもしれませんが、よく解りません。蛹は数日経っても餌場にあったので、巣に通じるチューブに戻してやりました。そうしたところ早々に巣の中に運び入れていました。

 できれば、長く飼って大きなコロニーにしたいものです。その際には、自作の飼育ケース作りにも挑戦してみたいですね。先日作ったものよりもっといいやつをね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM