1_萌萌虫雑記帳.png

イリオモテコギセル2

2019/08/25


 飼い始めて3ヶ月以上になりますが、筆者としては順調ですね。これまで、低温多湿を要する軟体類の飼育にはよく失敗してますから。乾燥させてはいけない、蒸れさせてもだめ、多湿を好む動物はほんと難しいです。

1

 腐葉土を入れた手のひらサイズの容器で飼っていますが、貝だからカルシウムが必要だろうとカトルボーンを入れているもののあまり食べません。わずかに食痕も見られますが、表面を少しずつ舐めながら食べているのでしょう。

2

 地中に深く潜ることはなく、たいていはボーっと転がっています。動きの緩慢な貝類の中でもキセグガイのそれはダントツですね。生きてるのか死んでるのか判らんほど。

3

 たまにフタの裏側に貼り付いていたりもします。

4

 カトルボーンを舐めているところ。これよりも水を含ませたティッシュが大好きです。あんなもののどこが美味いのか、キセルガイの気持ちが解りません。

5

 3頭飼っていたのですが、なんか多くないですか? いつの間にか繁殖していました。しかもかなり大きくなっています。えええっ。腐葉土上をよく見ると、小さな白い粒のようなものは、もしかすると生まれたばかりの稚貝だったりして。ティッシュのクズだと思ってましたけど。

6

 うちで生まれ育った2頭。上の子はかなり大きくなっています。意外と成長が早いことに驚かされます。ここまで大きくなるまで気づかなかった自分にも驚きです。
 キセルガイの飼育はひじょうに地味ですが、繁殖はやはり劇的な出来事ですね。可愛いです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM