1_萌萌虫雑記帳.png

春のミニマム花第2弾
ハハコグサ

2014/04/08


 見ようと思うと意外と見れないハハコグサ。ふだんはそうそう下草を気にしながら歩いたりしませんからね。草自体が小さいので、けっこう見落としています。それにタンポポやオニタビラコと同じようにキク科植物の雑草は、花が咲かないとそれと気づかなかったり。



 今回は、道路脇の石垣の間から顔を覗かせている小さな苗を見つけました。
 ちさっ! 草丈数センチなのにちゃんと花をつけています。ハハコグサって春の花だったんだ、とあらためて気づかされたり。野原に生えてる苗はもっと伸びるんですけどね。



 少し離れたところに、すでに花が終わった苗がいました。こんな感じで適当な間隔を開けて植わっていました。
 ところで、ハハコグサの根元に、本種とセットのような感じで伸びている細葉の植物はいったい何でしょ? これも本種の一部なんてことはないと思うんで……。



04/16 追記:別のところで見つけたハハコグサ(上の写真)もやはり同じような細葉の植物を従えていました。近くに生えているハハコグサはみんなこんな感じでした。どうやらこれもハハコグサの一部みたいですね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM