1_萌萌虫雑記帳.png

ラピダリア

2019/11/10


 リトープスは荒れ地に生え、石ころに擬態しているとも言われているそうですが、ラピダリアの場合砕石のようなゴツゴツした石に見えます。これもたくさんのリトープスの苗を入手した時にいくつか混ざっていたものです。
 南アフリカに分布する1属1種の多肉植物で、魔玉とも言われるそうです。英語ではLapidaria margaretae(ラピダリア マーガレッタ)。冬型の多肉植物として管理します。

1

 形はリトープスとかなり異なりますが、系統的には似ている感じですね。直径数ミリの小さな双葉状の苗です。

2

 中央の溝の部分からまたあらたに芽が出て葉数が増えてゆくらしい。

3

 リトープスでは中央に徐々に溝ができてゆきますが、本種は最初から深い溝で左右が別れた形状をしています。

4

 これは……。ちがう植物のように見えますね。表面もしわしわで溝も閉じています。何なのでしょう。とりあえず一緒に育てるとしましょう。
 メセン類は、筆者にとって今までまったく存じ上げなかった未知の世界なので、とにかく手探りで栽培してゆくしかありません。果たしてどうなりますことやら。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM