1_萌萌虫雑記帳.png

スパチュラートゥスヘラオビオオワラジムシ

2019/11/26


 久しぶりに新たな種を入手いたしました。イタリア産の大型ワラジムシで、ひじょうに幅のある体形が異彩を放っています。かなり変わってます。三葉虫的です。

1

 これまでの経験で、大型種の場合環境の劣化に弱いことが多いので、腐葉土が古くなる前に取り換えた方がよさそうです。

2

 各節外縁がひじょうに大きく、体形を幅のあるものに見せています。

4

 色白で透明感があります。そのあたりはユウレイオオワラジ的なのですが、ユウレイよりも体高があります。

3

 この子は色黒に見えますが、写真の写り方によるものでしょう。胸部前方の左側が白くなっているのは、脱皮顎に旧皮が残っているように見えます。そういうことは普通ありませんけど。

5

 飼育セットは他と同じ。飼い始めて1ヶ月ていどになりますが、飼育温度を低くしているせいか、とくに大食であるようには思えません。飼育温度を低めにしているせいかもしれません。とりあえず元気に暮らしてください。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM